不動産買取の方法とは?仲介との違いやメリット・デメリットを解説

2022-12-06

不動産買取の方法とは?仲介との違いやメリット・デメリットを解説

この記事のハイライト
●不動産を売却する方法には、不動産会社が買主を探す「仲介」と、不動産会社が買主になる「買取」の2種類がある
●買取には、仲介手数料がかからず早期売却できるメリットがある
●買取のデメリットは、仲介に比べて売却価格が低くなること

不動産を売却する方法には、不動産会社が買主を探す仲介の他に、買取という売却方法があることをご存じでしょうか。
買取による売却方法を知っていれば、売却方法の選択肢が広がり自分に合った売却方法を見つけることができるでしょう。
今回は、不動産買取と仲介の違い、仲介と比較した買取のメリット・デメリットをご紹介します。
墨田区周辺で不動産売却をご検討の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取と仲介の違いとは

不動産買取と仲介の違いとは

そもそも不動産買取と仲介による売却には、どのような違いがあるのでしょうか。
それぞれの特徴や違いについて解説します。

仲介による不動産売却

不動産売却における仲介とは、不動産会社が買主との間に入り、売買成立までの取りまとめをおこなうことです。
通常、不動産売却する際は、自分で売主を探すことが困難なため、不動産会社に買主を探してもらうサポートを依頼します。
また、不動産売買は高額な取引になるため、税金や不動産に関する専門的な知識がなければトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
不動産会社が仲介に入れば、買主を探す売却活動から売買契約書作成の手続きまですべてを代行してくれるので、安心して売却活動を進めることができるでしょう。

買取による不動産売却

買取は仲介とは違い、不動産会社が買主となり直接不動産を買い取る方法です。
そのため、仲介でおこなわれる買主を探すための売却活動が、買取にはありません。
不動産会社が物件の査定をおこない、価格の折り合いがつけばすぐに契約となります。
買取には、即時買取と買取保証という2種類があり、それぞれの特徴に違いがあります。
即時買取
即時買取とは、不動産会社が物件の査定をおこない、買取価格が決まり次第すぐに買い取ってもらう方法です。
物件の査定から売却成立までの期間が短いことが特徴で、早ければ1週間程度、遅くても1か月以内には取引が終了します。
少しでも早く売却したいという方に適した売却方法です。
買取保証
買取保証とは、一定期間仲介による売却活動をおこなった後、売却できない場合は最初に取り決められた価格で買い取ってもらう方法です。
仲介による売却の場合はいつ売れるかわからない不安がありますが、買取保証なら売却できなくても買い取ってもらえるという安心感があります。
仲介による売却活動もおこないたいけれど、転勤や買い替えなどで売却までの期限が定められている方にもおすすめの売却方法です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した不動産買取のメリット

仲介と比較した不動産買取のメリット

買取を利用するメリットを、仲介を利用する場合と比較しながらご紹介します。

短期間で売却できる

仲介による売却では、販売から売買契約成立まで3か月から半年程度かかると言われています。
場合によっては半年以上かかることもあり、売却できるまでの期間がわからないことがデメリットです。
一方、買取なら査定価格に折り合いがつき次第の契約となるため、短期間で売却できるメリットがあります。
売主のペースで売却を進めることができるので、売却活動に充てる時間がない方や、売却までの期限がある方にも適した売却方法です。

仲介手数料がかからない

仲介による売却では、売買契約の成立をサポートした不動産会社に仲介手数料を支払います。
仲介手数料には金額に応じた上限が定められていて、売買価格が400万円を超える場合は、次の計算式で算出することができます。
仲介手数料=売買価格×3%+消費税
たとえば、売買価格が3,000万円の場合は「3,000万円×3%+6万円+消費税=105万6,000円」となり、仲介手数料が105万円6,000円になることがわかります。
このように、仲介手数料は売却費用の中でも大きな割合を占めるため、支払いを負担に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
けれども、不動産会社が買主となる買取では、仲介手数料を支払わずに済むメリットがあります。

契約不適合責任が免責になる

買取は仲介による売却と違い、契約不適合責任が免責になる可能性があります。
契約不適合責任とは、物件の引き渡し後に契約内容と異なる不具合が見つかった場合、売主が買主に対して負う責任です。
たとえば、引き渡し後に契約書に記載がない雨漏りやシロアリ被害などが見つかった場合、売主は修繕や代金減額などの対応を迫られることになります。
修繕などの対応をしなければ、損害賠償請求や契約の解除を請求される可能性もあり、売主にとっては責任が重い制度となっています。
買取では、不動産会社が買主となるため、契約不適合責任が免責になることが一般的です。
契約不適合責任によるトラブルを心配することなく、安心して取引することができるでしょう。

内覧の対応がない

仲介による不動産売却では、購入希望者による内覧がおこなわれ、売主は掃除や日程調整などの対応が必要となります。
大抵の場合は、3か月以上内覧の対応が必要となり、人によっては負担と感じることもあるでしょう。
買取のメリットは、不動産会社が査定訪れるだけなので、不特定多数による内覧の対応が不要なことです。
来るかどうかわからない内覧に備えて土日に予定を入れられないということもなく、自分のペースで売却を進められます。

近隣に知られずに売却できる

仲介の売却では、売却活動の一環としてチラシやインターネットによる広告活動がおこなわれ、多くの方に物件情報が知られることになります。
また、度々訪れる内覧希望者への対応によって、周囲に売却していることが気付かれることになるでしょう。
売却活動をしている方のなかには、売却することを近隣に知られたくないと考える方も多くいらっしゃいます。
買取であれば、仲介とは違って広告掲載などの売却活動や内覧がないため、近隣に知られず売却活動を進められます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介と比較した不動産買取のデメリットとは

仲介と比較した不動産買取のデメリットとは

仲介による売却と比較した不動産買取のデメリットをご紹介します。

売却価格が低い

買取のデメリットは、売却価格が市場価格よりも1〜3割程度低くなることです。
買取をする不動産会社は、リフォームやリノベーションをしてから再販売をすることを目的に買い取ります。
最初から市場価格で買い取ると再販売で利益を得られないため、リフォーム費用や利益を見越した金額での買取となるのです。
そのため、時間がかかっても希望の価格で売却したい方には仲介、多少安くても早く売却したいという方には買取が向いているといえるでしょう。
ただし、仲介で売却が長引く場合は、売却価格を下げたり維持費を払い続けたりといったデメリットも生じるため、その場合は買取に変更することも検討してみましょう。

買取できない物件もある

買取を利用したいと思っても、物件によっては買取を断られる可能性があります。
たとえば、リフォームやリノベーションが難しいほど老朽化した物件や、接道義務を満たしていないため再建築ができない再建築不可物件などです。
ただし、買取が難しいとされる不動産でも工夫次第では売却が可能ですので、売却方法で悩んだ際は、お気軽に弊社までご相談ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却の2つの方法である買取と仲介の違い、仲介と比較した買取のメリット・デメリットについて解説しました。
不動産会社による買取では、仲介手数料がかからず早期売却できるメリットがありますが、売却価格が仲介よりも低くなるデメリットがあります。
売却する不動産の状態や売却に関する希望も考慮しながら、自分に合う売却方法を見つけていきましょう。
株式会社アリトスでは、墨田区中心に不動産取引のサポートをしております。
売却方法や不動産に関するお悩みがある方は、お気軽に弊社までご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6890-3085

営業時間
10:00〜19:00
定休日
水曜日・日曜日

売却査定

お問い合わせ