マンション売却は住みながらでもできる?成功のコツについて解説

2023-03-28

マンション売却は住みながらでもできる?成功のコツについて解説

この記事のハイライト
●マンションに住みながらでも十分に売却することは可能
●売却資金を住み替え費用に回せるというメリットがある一方で、生活感が出すぎると売れにくくなるというデメリットもある
●マンション売却を住みながらおこなう際は、新居探しも並行しておこなうことが成功させるコツ

マンション売却を考えている方のなかには、空き家にしたほうが良いのか住みながらでもできるのかと悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。
通常は、空き家にしてから売却したほうが有利と思われがちですが、住みながらでもマンション売却を進めることは可能です。
そこで、マンション売却をご検討中の方に向けて、住みながらでも売却ができることや住みながらおこなうメリット・デメリット、また成功させるコツについて解説します。
墨田区でマンションを所有していらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却は住みながらでも進めることはできる?

マンション売却は住みながらでも進めることはできる?

マンションを売却する際に、住みながら進めるのは難しいのでは?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
まずはマンション売却は、住みながらでもおこなえるのかについて見ていきましょう。

住みながらでも売却は可能

住みながらでも十分にマンション売却をおこなうことはできます。
一般的には空き家にしたほうが売却しやすいと言われていますが、居住中で売り出されているケースも多く、売却が成功している事例も少なくありません。
また、住みながらマンション売却を進めれば、二重ローンのリスクを回避できます。
空き家にして次の物件の購入をすれば、旧居の住宅ローン返済と次の物件のローンの支払いが二重になってしまいます。
そうなれば、月々の負担が増えてしまい金銭的リスクが生じかねません。
このような理由から、マンション売却は住みながらおこなっている方も多いのです。

住みながらは内覧対応が必要になる

マンション売却を進めていくなかで、売却活動の1つとして「内覧」がおこなわれます。
内覧とは、物件に興味を持った方が実際に見学に訪れ、室内の様子(内装、設備、日当たり、眺望)を確認することです。
マンション売却を住みながらおこなう場合は、この内覧時に立ち会う必要があります。
購入希望者が購入をするか否かの判断をする材料として、内覧はとくに重要な売却活動と言えます。
そのため内覧の予定が入れば、できるだけスケジュールを調整して対応するように心掛けましょう。

住みながら売却する流れ

マンションを売却する際は、以下の流れでおこないます。

  • 不動産会社にマンションの査定を依頼する
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 売却活動を開始する
  • 買主と売買契約を締結
  • 新居へ引っ越し、買主へ引き渡し

売却活動を開始し売却の目処が立てば、このタイミングで新居探しを始めることをおすすめします。
新居を早めに見つけることができれば、仮住まいや引っ越しにかかる費用を抑えることが可能だからです。
たとえ、新居が決まっていなくても引き渡し日が決まれば、その日に合わせて仮住まいなどに引っ越しをしなければならないため注意しましょう。
マンション売却を住みながらおこなう場合は、内覧の立ち会いと新居の準備があることを覚えておきましょう。

この記事も読まれています|住みながら不動産売却をする方法とは?メリットと注意点も確認しておこう!

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却を住みながら進めるメリット・デメリット

マンション売却を住みながら進めるメリット・デメリット

マンション売却は住みながらでもできることがわかったところで、改めて住みながらおこなうメリットとデメリットを確認しておきましょう。

住みながらのメリット

マンション売却を住みながらおこなうメリットは、以下の2つです。
メリット①売却代金を新居の購入費用に充てられる
住みながらマンション売却をおこなえば、売却代金を次の新居の購入費用に回せるというメリットがあります。
まとまった資金を手に入れることができるので、預貯金が十分にない場合でも新居購入や引っ越し費用に充当でき、資金面に余裕が生まれるでしょう。
そのため、資金計画が立てやすく安心して住み替えることができます。
メリット②内覧時に生活イメージをしてもらいやすい
買主が購入後に生活イメージがしやすいというのも、住みながら売却するメリットと言えるでしょう。
実際に生活している様子を内覧時に見てもらうため、家具の配置や間取りなどを把握でき、おおよそのイメージが湧きやすくなります。
また、購入希望者と直接話す機会もあるため、家の魅力を伝えやすいという点もメリットです。
購入希望者は複数の物件を比較し検討するなかで、どんな方が住んでいるのかも気になります。
所有者の印象が良ければ不安も解消でき、成約につながる可能性も高くなるでしょう。

住みながらのデメリット

一方で、マンション売却を住みながらおこなうデメリットは、以下の2つです。
デメリット①生活感が出すぎるとイメージが悪くなる
マンション売却を住みながらおこなうことは、生活イメージがしやすいというメリットがある一方で、生活感が出すぎるとが逆にイメージが悪くなるというデメリットがあります。
たとえば、飲食物のゴミが置いてあったり、洗濯物が散乱していたりするようなケースです。
このように生活感が出すぎると、購入希望者に理想とかけ離れた印象を与えてしまい、逆に売れにくくなってしまう可能性があります。
少しでも良い印象を与えるためにも、まずは必要最低限の整理整頓や徹底した掃除をおこなっておくことをおすすめします。
デメリット②スケジュール調整が大変
マンション売却を住みながらおこなうと、内覧の予定が急に入ることもあり、スケジュール調整が大変というデメリットもあります。
内覧は休日に集中することが多いため、内覧に備えてスケジュールを空けておかなければなりません。
また、予定していなかった日でも、当日に急遽内覧の予約が入ることも考えられます。
内覧の予約が入るたびに、内覧に向けての準備をする必要があるため、住みながらの売却は手間がかかってしまうデメリットがあります。

この記事も読まれています|住みながら不動産売却をする方法とは?メリットと注意点も確認しておこう!

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却を住みながらでも成功させるコツとは?

マンション売却を住みながらでも成功させるコツとは?

最後に、マンション売却を住みながらでも成功させるコツを解説します。

成功のコツ1:新居探しを並行しておこなう

住みながらでも成功させるコツは、売却活動と並行して新居探しを進めておくことです。
引き渡しまでに新居が見つからない場合は、仮住まいを用意しなければならなくなります。
仮住まいとなれば、家賃や引っ越し費用など出費が増えてしまいます。
そのため、引き渡しまでに新居に引っ越しができるように、並行して新居を探しておくようにしましょう。

成功のコツ2:必要に応じてハウスクリーニングをおこなう

内覧時に清潔感をアピールするために、必要に応じてハウスクリーニングをおこなっておくことも成功のコツと言えるでしょう。
ハウスクリーニングとは、専門の業者に依頼して自宅を清掃してもらうサービスです。
水回りなど、とくに清潔感を求める箇所はプロの手を借りてクリーニングを施しておくだけで、印象がアップするでしょう。

成功のコツ3:内覧は日中にスケジュールを組む

購入希望者は、日当たりの良し悪しで購入を判断するケースも少なくありません。
日当たりの良いことをアピールするのであれば、日中に内覧のスケジュールを組むことも成功させるコツと言えるでしょう。

この記事も読まれています|住みながら不動産売却をする方法とは?メリットと注意点も確認しておこう!

まとめ

マンション売却を住みながら進めることは、売却代金を新居の購入費用に充てれるなどメリットが多いと言えます。
ただし、生活感が出すぎるとイメージダウンとなり、売れにくくなる可能性もあるため注意しましょう。
また、無駄な出費をかけずにスムーズに売却するためにも、新居探しを並行しておこなっておくことをおすすめします。
墨田区の不動産売却なら「株式会社アリトス」へ。
不動産売却だけではなく、土地活用のご提案も可能です。
税理士・弁護士と連携し、スムーズにお客様の問題を解決していきますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6890-3085

営業時間
10:00〜19:00
定休日
水曜日・日曜日

売却査定

お問い合わせ