家の売却前に実施するホームステージングとは?メリットと費用相場もご紹介

2023-04-11

家の売却前に実施するホームステージングとは?メリットと費用相場もご紹介

この記事のハイライト
●ホームステージングとは、家具や小物を使ってモデルルームのように演出するサービスのこと
●ホームステージングを実施するメリットは、販売期間が短縮でき高く売却できる可能性が高いということ
●ホームステージングにかかる費用相場は、居住中の場合は5万円程度、空き家の場合は15~30万円程度である

家の売却時にモデルルームのように演出する「ホームステージング」という言葉をご存じでしょうか。
ホームステージングを実施することで、早く高く売却できる可能性があります。
そこで、墨田区での不動産売却をご検討中の方に向けて、ホームステージングとは何か、またホームステージングをおこなうメリットと費用についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

家の売却で用いられる「ホームステージング」とは

家の売却で用いられる「ホームステージング」とは

近年、中古物件を売却する際に用いられているのが「ホームステージング」です。
ホームステージングとは、売却予定の家を小物や照明などを使って、まるでモデルルームのように演出するサービスのことをいいます。
アメリカでは、すでに家を売却する際は、お金をかけてでもホームステージングをおこなうのが一般的となっています。
日本では、いまだ認知度は低めですが、中古物件市場では注目されつつあり効果が高いと言われているサービスです。

ホームステージングをおこなう方法とは

では、ホームステージングをおこないたい場合、どのような方法でしたら良いのでしょうか。
ホームステージングをおこなう方法は「専門業者へ依頼する」「自分でDIYする」「バーチャルリアリティー(VR)を導入する」の3つがあります。
専門業者へ依頼する方法
ホームステージングの材料から設置まで一貫して専門業者に依頼することができます。
専門の資格と技術で、それぞれの家に合わせて魅力を演出してもらえます。
また、必要な家具はレンタルすることも可能で、費用がある程度かかっても専門業者へ依頼したいという方にはおすすめの方法です。
自分でDIYする方法
ホームステージングは、自分でおこなうことも可能です。
一部のインテリアを変えたい場合や部屋にアクセントを付けたい場合には、おすすめの方法です。
また、自分の好きなようにできる点や費用があまりかからないというメリットもあります。
ただし、大規模なホームステージングを希望する場合は、専門業者への依頼が必要となります。
バーチャルリアリティー(VR)を導入する方法
バーチャルリアリティー(VR)を居室空間へ取り入れて、ホームステージングをする方法もあります。
バーチャルリアリティーとは、コンピュータによって創り出された仮想的な空間を、あたかも現実であるかのように疑似体験できる仕組みのことです。
CGで家具やインテリアを配置し、360度の家具や部屋の雰囲気をイメージすることができます。
そのため、実際に家具をレンタルしたり購入する必要もなく、手軽におこなうことが可能です。

この記事も読まれています|住みながら不動産売却をする方法とは?メリットと注意点も確認しておこう!

\お気軽にご相談ください!/

家の売却でホームステージングを実施するメリットとは

家の売却でホームステージングを実施するメリットとは

ホームステージングを実施することは、下記のように多くのメリットがあります。

  • 内覧時の印象が良く買主の購買意欲につながる
  • 販売期間の短縮につながる
  • 高く売れる可能性がある

それぞれのメリットを見ていきましょう。

メリット1:内覧時の印象が良く買主の購買意欲につながる

ホームステージングを売却予定の家に施すことで、良い印象を与えるだけでなく購入希望者の購買意欲を向上させるなどの効果があります。
家を売却する際は、インターネットやチラシ、メールなどに広告を掲載して購入希望者を募ります。
購入希望者はその広告などを見て家を行くかどうかを決めるため、そのなかでもホームステージングをされた家が掲載されてあれば、興味を持つ方は多いでしょう。
また、売却活動のなかでもっとも重要なのが「内覧」です。
この内覧でより良い印象を持ってもらうことが売却につながる近道と言っても良いでしょう。
購入希望者は、家に入ってたった6秒で購入するか否かを判断すると言われています。
そのため、ホームステージングを施してある家は、買主が持つ第一印象に好印象を与え、購買意欲が上がるといったメリットがあります。

メリット2:販売期間の短縮につながる

ホームステージングは、販売期間の短縮につながるといったメリットもあります。
実際に、実施していない場合に対して、ホームステージングを実施した場合は販売期間が3分の1に短縮されたという結果も出ています。
生活イメージも湧きやすいため、早期の売却につながっていると考えられます。

メリット3:高く売れる可能性がある

ホームステージングを実施してある物件は、想定していたよりも高く売却できる可能性があります。
実際に、アメリカ、コールドウェル銀行の調査データによると、ホームステージングを実施したほうが6%以上高く売却できるというデータも出ています。
そのため、ホームステージングはお金をかけてでも実施する意味があると言えるでしょう。

この記事も読まれています|住みながら不動産売却をする方法とは?メリットと注意点も確認しておこう!

\お気軽にご相談ください!/

家の売却でホームステージングをする際にかかる費用相場

家の売却でホームステージングをする際にかかる費用相場

ホームステージングが不動産売却に効果があることがわかったところで、気になる費用についてご紹介します。

ホームステージングの費用相場

ホームステージングにかかる費用の相場は、居住中の場合と空き家の場合で異なります。
居住しながらの場合の費用
居住しながらであれば、費用はおよそ5万円~となります。
居住しながらの場合は、基本的に家具が配置されているため、インテリアの小道具を加えたり、必要な家具を揃える程度です。
そのため、基本的には専門家のアドバイスに基づき、自分でDIYなどしてホームステージングを施すことになります。
空き家の場合の費用
空室状態となっている場合は、家具をすべてレンタルすることになるため、かかる費用相場はおよそ15~30万円です。
多くの場合は専門業者へ依頼することになるでしょう。
また、レンタルする家具やグレードによって費用に差が出たり、依頼する業者によってかかる費用は異なります。
なお、家具は3か月レンタルなど数か月単位となっていることが多いです。

費用対効果を見極める必要がある

ホームステージングにかかる費用についてご紹介しましたが、どこまでホームステージングに費用をかけるのか見極める必要があります。
費用をかけたのに思った以上の高値で売却できなかった、ということがないように注意しなければなりません。
たとえば、ホームステージングを20万円かけておこない、もともと2,500万円で売却する予定だった物件を3,000万円で売却できた場合は、費用対効果が高いと言えるでしょう。
一方で、20万円かけても2,500万円で売却となった場合は、20万円かけて実施したことが無駄であった可能性があります。
このように費用をかけただけの効果が期待できるのかを検討したうえで、ホームステージングを実施することをおすすめします。

この記事も読まれています|住みながら不動産売却をする方法とは?メリットと注意点も確認しておこう!

まとめ

家を売却する際に用いられるホームステージングとは何か、また実施するメリットや費用相場についてご紹介しました。
ホームステージングを施してモデルルームのように演出することは、買主に良い印象を与え、販売期間を短縮できたり高く売却できたりする可能性が高いと言えます。
ただし、費用対効果などを考えながらホームステージングを実施することをおすすめします。
私たち「株式会社アリトス」は、墨田区周辺エリアでの不動産売却をサポートしております。
売却前のホームステージングにご興味がある方も、ぜひ一度弊社までご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6890-3085

営業時間
10:00〜19:00
定休日
水曜日・日曜日

売却査定

お問い合わせ